暮らし

ズボラな一人暮らしの人必見!家事を楽にする方法6選

一人暮らしの家事って面倒ですよね。特に働きながら家事も両立するのはとても大変なこと。ですが、少し工夫をすればどんなずぼらさんでも楽に家事こなすことができます。一人暮らし特有の家事を楽にする方法を一挙公開します。

この記事を読んで分かること

家事が楽になる6つのポイントを紹介!

  • ラグやカーペット類を置かない
  • 水回りは吊るす収納を活用
  • 洗濯物はハンガーで乾かしてそのままクローゼットへ
  • ゴミ箱は1つだけ
  • 掃除用具は手に取りやすいところに置いておく
  • 収納以上の物を置かない

それではいきましょう!

ラグやカーペット類を置かない

玄関マット、キッチンマット、トイレマット、部屋のラグ、、などなど、部屋があるだけ敷けるカーペットやマットは無数にあります。ですが、カーペットの手入れって実はめちゃくちゃ面倒です。

  • 日々、コロコロや掃除機でゴミを取り除く
  • 定期的に水洗いする
  • シミがある場合はシミ取りをする。

はい、これだけでもめちゃくちゃ手間がかかることが分かりますね。ズボラな自覚がある人は、床の掃除はクイックルワイパー1本で終わらせましょう。一人暮らしの部屋であれば、1枚で十分掃除できますし、何より早いし楽です。

カーペット類は金の温床にもなりやすいとされています。だからこそ念入りな手入れが必要になるんですね。一人暮らしで、仕事や家事を両立させながら家事をする人には、まずそんな余裕はないでしょう。カーペットやラグ類は置かないことが無難です。

水回りは吊るす収納を活用する

水回りの掃除は何といっても面倒です。放っておいたら、水垢やカビが増える増える。。水回りはいかに掃除のハードルを下げるか、そしていかに発生させないかの2点が重要なポイントです。

それを同時に叶えるのが、吊るす収納。

歯ブラシやコップなど、濡れてしまう道具は積極的に吊るす収納を活用しましょう。これだけで汚れ方や掃除のハードルが一気に変わります。

「吊るす収納ってなんだか生活感があって、、」というイメージが強いかもしれませんが、最近は100均やネットショップでおしゃれで便利なグッズが簡単に手に入ります。

特に一人暮らしの水回りは手狭です。スペース確保のためにも、積極的に吊るす収納を活用しましょう。

洗濯物はハンガーで干してそのままクローゼットへ

洗濯物は意外と時間と労力が取られます。なるべく時間と体力を削らないためには、洗濯物はハンガーで干す&そのままクローゼットがベストです。

理由は下記ののメリットがあります。

  • 洗濯物をたたむ工程がカットできる
  • 洗濯物にシワがつきにくい

特にシャツを常用している会社員の人などは、ノーアイロンシャツに買い替えることでアイロンがけの工程もスキップできます。

ハンガーは100円均一ショップなどで安くまとめ買いができるので、ぜひハンガーの買い増しを検討してみて下さい。

ゴミ箱は1つだけ

ゴミの管理って地味に面倒です。ゴミを出す日になると、1つ1つのゴミ箱からゴミを回収して、新しいごみ袋を設置して、部屋から集めたごみを1つのゴミ袋にまとめないといけません。また部屋にゴミ袋が多ければ多いほどゴミ袋の在庫管理もきちんとしていかなくてはなりません。

なるべくゴミ箱は1つだけにして、都度そこに捨てに行くようにしましょう。一人暮らしの部屋の大きさであれば、そんなに大変ではないはずです。

おすすめの場所はゴミが発生しやすいキッチン、もしくはごみを捨てに行きやすい玄関付近です。ぜひ参考にしてみてください。

掃除用具は手に取りやすいところに置いておく

「ちょっと掃除しようかな」と思った時が掃除時です。自分に厳しい人なら掃除を習慣化することができますが、ほとんどの人は後回しになってしまいがちです。ズボラさんならなおさらでしょう。

思い立った際にすぐに掃除に取り掛かれるよう、掃除用具が手に取れる場所に収納するようにしましょう。よく言われるのは、3動作以内にアクセスできるようにすること。例えば下記のようなことです。

  • 1. 立ち上がる
  • 2.引き出しを開ける
  • 3.掃除用具を手に取る

特に1は絶対に必要な動作です。それをふまえると2動作以内に掃除用具にたどりつけるようにしましょう。

掃除用具は生活の中で視界に入ってほしくないため、ついつい収納の奥にしまいこんでしまいがちです。最近はおしゃれで見せる収納の掃除用具などがたくさん販売されていますので、ぜひこういうアイテムを取り入れて下さい。

家の収納キャパシティ以上の物を置かない・買わない

これは客観的に考えれば当然のことだろうと思われるかもしれませんが、いざ自分事となると実践できていない人が大勢います。

自分の家の収納キャパシティを考え、家に置く物購入するものを考えるようにしましょう。そうすれば自然と物が溢れずに片付く家になります。

要注意な人の例としては、ついつい流行りものを買ってしまう、セールやボーナスが入った時期に散在してしまう人です。気づいたら部屋に物が溢れて片付かない家になっていませんか?

買った分だけ物を捨てるくらいの覚悟でいましょう。

ただここで勘違いしてほしくないのは、決してミニマリストになれとは言っているわけではありません。散財によってストレスを発散させることは決して悪ではありませんし、セールでお買い得品を買うのもいいでしょう。

上手くバランスを保ちながら、何を購入するか、何を家に置くか考えて下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一人暮らしで頑張る学生さんや社会人さんに参考になれば嬉しいです。

本記事で紹介している方法をまずは1つでも実践してみてください。自然と少しずつ楽な生活になっていくはずです。